名称     杭州
    発音     hang2 zhou14
    住所     浙江省
    行き方    上海南駅から特急で約1時間。普通列車で2時間30分。
    電車の時刻サイト   火車時刻表
    上海から杭州へ電車の旅。ついに、中国人憧れの地「杭州」へ 行くことになりました。とりあえず、日本的な発想で、駅に行けばなんとかなるんじゃないのと 上海南駅に行ってみました。噂で聞いたところだと、新幹線みたない電車で約1時間ちょっとで着くそうです。


がしかし、この新幹線は満席。 いきなり、どうしようか迷ったあげく、普通電車でも行けることが判明し、そのチケットを買いました。
杭州
    これが普通電車の切符。なんと、杭州まで2時間20分もかかります。さらにこのチケットは、「無席」。 つまり、立ち席です。どうするよ。なんとかなるってきたけど、なんともならない。 まっ、しかたないので、この普通電車で杭州まで行くことにします。 次の空席がある新幹線は1時間以上待たないといけないみたいだし。普通電車は22元(300円)で杭州に行けます。ちなみに、新幹線だと64元(900円)です。
杭州
    これは入場口です。チケットをチェックしています。上海万博の時期は荷物検査もやっているのではないでしょうか。さながら空港のようです。
杭州
    待合席の様子。殺気立ってません。平日だったせいかお客さんもまばら。どっちかというと、チケット買うところのほうが殺気立っていました。写真とるのも忘れるぐらい。後ろからぬくは、ぬかれるわでとんでもないところです。
杭州
    私が乗る電車がホームにありました。昔風情な感じがとってもいいですね。レトロ列車。 よく観光雑誌で見る素敵な列車とはわけが違います。
杭州
    新幹線みたいない列車は、始発が上海で、終点が杭州であることが多いのですが、普通列車は、さらに進みます。この電車は、南昌行きだそうです。ちなみに、上海から南昌まで10時間はかかります。
杭州
    車内の様子。満席です。6人席、4人席という形になっています。ごった返しています。これから、人によっては10時間も乗るんですから、それはもう命がけです。熱気がすごい。
杭州
    売り子さんです。日本の新幹線想像したら偉い目合いますよ。まず、通路にもお客さんがあふれているのに、そこをがんがん進んでくる。さらには、においもすごい。売る方も殺気立っているし、買う方も殺気立っています。とはいっても、中国の皆さんにとっては、普通のようなので、怖くはないですよ。
杭州市内へ